BCBGマックスアズリア プロフィール

BCBGマックスアズリアは、パリ生まれのチェニジア系フランス人、マックス・アズリアによって1989年に設立されたファッションブランド。マックスは、パリで11年間ファッション業界に従事した後、アメリカに渡り、1981年、Jess の立ち上げにたずさわる。Jessは、フレンチファッションをアメリカに発信するファッションショップでビーシービージーマックスアズリアの前身でった。そしてJessは、ユーロッパ系ファッションを好むアメリカ人ファンより評価を得るが、この成功が、後にBCBGのアメリカでのプロモーション成功のヒントとなる。そして1989年、長年の夢であった自信の名前を使ったレーベル、BCBGマックスアズリアを設立する。BCBGとはフランス語のスラングで良いスタイルとか良い趣味といった意味を持つ。マックスは、デザイナーとして創造性が豊かな面だけではなく、ビジネスセンスを持ち合わせていて、しばしばビジネスマンと表現される程、したたかな経営者でもある。本人自身が、CEOとなりマックスアズリアグループを束ね、多くのジャンルを巧みに管理している。また、妻のルバ・アズリアが、チーフクリエイティブオフィサーとして活動し、彼をしっかり支えていることが、マックスのビジネスセンスに磨きかけているとも言われている。
 BCBGマックスアズリアは、ヨーロッパの洗練されたデザインとアメリカの実用的なファッションを融合しているのが特徴である。商品アイテムも幅広く、ドレスはもちろんカジュアルウェア、デニム製品、シューズ、水着、ハンドバッグ、小物まで企画製作している。1996年秋冬シーズンのニューヨークコレクションにデビューし、1998年には、ヨーロッパの高級感イメージを高めるため、パリのクチュールメゾンである、エルベ エジェを買収する。そして2004年、ハリウッドスターに人気があるクチュールライン、マックス・アズリア・アトリエを立ち上げる。フランス系ブランドという高級イメージで主にレッドカーペット向けのドレスの制作を手がけている。また同年には、メンズ・ドレスシャツの販売をスタートし高級イメージ戦略でプロモーションに成功すると2006年には、さらにハイエンドな顧客のニーズに答えるため、高級ラインとしてマックス・アズリアを企画。このレーベルは、高級感をふんだんに取り入れ、創造性高いデザインで女性を演出する位置づけである。時よりマックス・アズリアはビーシービージーと比較されるが、最高級の生地が使用され、よりハイエンドユーザー向けのデザインが施されていると言える。現在BCBGマックスアズリアは、アメリカ、フランスを筆頭にイギリス、カナダ、東京、香港、ドバイといった40を超える世界大都市に1,000以上のブティックをテナント展開するファッションブランドに成長している。

bcbg_max_azria_1265_north_990x370_white.jpg

サブコンテンツ

Favorite One

RSS BCBGマックスアズリア レディース, BCBGマックスアズリア セール

このページの先頭へ